人材採用を有効的に行うにはどうすればいいのか

人材採用には大きく分けて、大学、もしくは大学院を卒業する学生向けに行う新卒採用と、社会人としてキャリアを積み即戦力として期待出来る中途採用の2種類があります。それぞれの方法には問題点があります。新卒採用は決められた時期に一括で行うため、優秀な学生を採用しようと企業側も必死になります。名前も通っており、業績が安定している大手企業に学生の人気が集まりやすく、中小企業やベンチャー企業は不利になりがちな傾向にあります。一方中途採用は企業側が欲しいタイミングで求めている人材が応募してくるかがわからず、タイムラグが生じる可能性があります。このように人材採用を有効的に行うには、しっかりとした作戦や計画性が求められます。新卒採用は即戦力にはなりにくいですが、教育をしっかり行えば会社側の意図を理解した人物になりやすく、長期的に見ると会社の中核的な存在になるでしょう。そのため採用中には会社の理念や方針といった、企業風土を理解してもらうような活動をすべきです。中途採用は即戦力となることが出来ます。求人票には求める人物像をしっかりと記入し、応募段階でミスマッチが生じないようにしましょう。その上で会社に馴染んでくれれば短期間で戦力となります。人材採用を行う際にはしっかりと戦略を練り、企業側と求職者双方が納得した形で採用となれば言うことはないでしょう。

人材採用するための3つのポイント

「求人募集を出しているのに、人がこない」とお悩みではないですか。そんな人事担当者へ人材採用するための3つポイントがあります。まず1つ目は求人募集の手段です。どのように求人を出しているでしょうか。より確かな人材を求めるのなら、知人の伝手が一番ですが、範囲が限られてしまいます。店舗の貼り紙も会社をある程度知っている方の応募が見込まれ効果的でしょう。有料の折り込みチラシや求人情報誌に掲載するのもひとつの手です。またハローワークの他に地方自治体(都道府県や市町村)や大学に求人を出してみてはいかがでしょうか。何しろ無料ですし、求人募集が人の目に触れる機会が多くなります。2番目には求人募集の内容です。仕事の内容や勤務条件等はしっかり書いていますか。内容が不明確だと応募する立場からすると不安になります。できれば職場や社員の写真もあれば、求職者の目をひきます。3番目は従業員や今まで応募した方への姿勢や態度です。特に法令違反をしていなくても、従業員に対して「雇ってやっている」という態度だったり、応募者に対して不誠実な姿勢だと、すぐにブラックだという噂が広まり、勤務条件は良くても応募者はいなくなります。心当たりはありませんか。以上3つのポイントは当たり前のことではありますが、重要ですので今すぐチェックしてみましょう。

多彩な方法で展開される人材採用

人材採用は、多彩な方法によって展開されるようになりつつあると言えるのではないでしょうか。以前よりも豊富な人材が存在するようになり、獲得に向けて多彩な方法や戦略を編み出すことが普遍的になり始めていると推測されています。最近では、新卒の人材や転職を希望する人材など、状況に応じて採用する人材を変えることもしばしばあるのではないかと推測されています。この傾向が如実になっていくことによって、人材採用の在り方がより多岐にわたる可能性も増していくのではないかと考えられています。企業の規模に関係なく、人材の採用に関しては、方法が大佐になる状況が見受けられていることから、多方面で話題のひとつとして挙げられているのではないでしょうか。今後も人材の採用にまつわる方法は、多様になることが期待されるとみられ、関心が寄せられています。

当社は課題が見え、採用が増える支援システム「ハイソル」を運営しています。 「リクログ」は中途採用の支援システムです。煩雑な業務をスムーズに、スピードアップした支援をさせていただいています! 人材紹介会社からの人材獲得も強化できるよう人材紹介会社向けにオリエンテーションの場をもうけるサービスも行っています。 アルバイト・パート採用管理システム「リクオプ」を運営しています! 人材採用のご相談はHRソリューションズへ


by