新卒採用に向けての動き

周りが就職活動にむけて準備している中、「やりたい事」が見つからずどうしたらいいか分からない人も多いのではないでしょうか。

何処か置いてきぼりをくらっているのではないでしょうか。

正直、私はその状態になった事が無いので分かりませんが「このままでいいのかな」という不安を抱いた事はあります。

皆が就職活動してどんどん新卒採用で決まって行く中、何度か不安も抱きました。

しかし、私にはやりたい事があったので軸はぶれませんでした。

卒業と同時にバンドを組んでそれに向かってまっしぐらでした。

では、やりたい事が無い場合どうしたらいいのでしょうか。

「やりたい事」と「出来る事」「向いている事」。

この3つの意味は、全部手違います。

全部がひとつに当てはまればとても良い事でしょう。

しかし、そう言う事はまれかもしれません。

一番良い事は、やりたい事が出来る事になってその仕事が向いている事。

就職活動までに興味のあるアルバイトをする事も近道だと言えるでしょう。

何に興味があるか、どんな事をするのが好きなのか。

それを掘り下げて行くときっと自分の興味のある事が見つかるはずです。

そこから、興味のある事を勉強して行き自分のやりたい職業へとつなげていきましょう。

「何をしたいか」「どんな業種につきたいか」このビジョンをしっかり持っておく事が最大のポイントだと思います。

自己分析を繰り返して行きましょう。

この時代、みんな「安定」と言う言葉を口にします。

安定が欲しいから就職します。

より給料のいい確実な会社に入る為に一生懸命頑張ります。

新卒採用の皆さんもその一人でしょう。

しかし、大企業に就職したからといって、確実に安定を手に入れる訳ではありません。

公務員になったとしても安定が保証されている訳ではないのです。

公務員の給料削減もささやかれています。

大丈夫だと思っていた大企業が大幅にリストラを行ったりもします。

しかし、アルバイトより就職している方が安定感も違います。

保険の補償や福利厚生もちゃんとあります。

したがって、やはり就職している方が確実と言えましょう。

結婚するにしても、やはり就職していないと不安ですよね。

私が今、大人になって思うのは手に職を付けるのはとても大事だと言う事。

進んで資格を取ると言う事が大事なのではないでしょうか。

だから、ユーキャンのような通信講座がとても出回っているのでしょう。

やはり、資格を持っているのと持っていないのであれば、採用する側の人間からしても持っている方を採用するでしょう。

いきなり、リストラにあったとしても、そう簡単には行かないかもしれませんが、手に職があるのと無いの、資格の有無はかなり響いてくるでしょう。

これから、もっと新卒採用の数が減り、就職の困難な時代が続くかもしれませんが、

踏ん張って頑張りたいものです。


by with no comments yet.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です