酪農業と将来の仕事の選択

酪農業の関心は、最近相当に深まっていて、あるアニメや漫画の影響で、今では酪農の専門高校への進学も増えてきているという話も話題になりました。しかし現状はとても厳しいものがあり、農業が自由化された場合には、今までのような経営方法では、追いつかなくなるという感じもします。海外の酪農業に対抗して行くためには、農業と同じで集約化が欠かせないという話も聞きます。しかしそれ以上に今回の酪農や農業ブームを見れば分かる通り、大勢が関心を持つようになれば、智慧も集まり、人材も集まるということで、発展ができるということになります。やはり限られた人数では、それほど変化は期待できず、そのような方法があったとしても、それを探し出す人材がいないということになります。インターネットの世界を見ればわかるように、人材が集まれば瞬く間に発展するというのが、今の時代なのでそれを目指すのが早道ではないかと思います。

酪農業とイメージ戦略

酪農業のイメージは、今まではあまり良いものではありませんでしたが、それは酪農というものがよく理解されていなかったということもあるのではないかと思います。理解されていけば、そこに親近感も生まれて、イメージも良くなり、ますます理解も深まります。そのように考えていくと、インターネットの時代では、如何にイメージを高めて関心を持ってもらうのかということが、今の段階では、一番重要ではないかとも思います。例えば北海道のある町では、その町特産のカレーが、日本中にヒットして、B級グルメの定番のようになりました。酪農だけの町が、そのような商品を作っただけで、それがヒットし日本中に知られるようになり、観光客も集まり、人気の観光地にもなりました。そのような方法もあり、そうなれば酪農のイメージも変わっていくことになります。そのようなことを考えても、今は如何に酪農のイメージを上げるかが重要なのではないかと思います。そうなると色々な問題も解決していきます。

北海道から見た、酪農業の良いところ!

北海道には酪農農家が一杯です。1からやるのはとてつもなくたいへんですけれど、知り合いのつてを頼ってお手伝いなら結構若い人も出来るかもしれません。酪農の良いところと言ったら、なんたっておいしいものが自家製で食べられることだったりするのではないでしょうか。良く分けて貰っていました。瓶に入れて、振ると、バターが出来るんです。すごい濃厚な味でおいしかった思い出が忘れられません。あとは、畜産よりも少し気が楽かな……と、ちょっと無責任ですけれど思いますね。もちろん動物が相手のお仕事なので休めないし、病気が出たらとてもたいへんなのですけれど、やりがいは間違いなくあるでしょうね。あとは、その土地に根着くような感じのお仕事なので、近所付き合いや助け合いがとても濃い感じですね。それに馴染めればとても親切にして貰ったりしますね。酪農業の良いところはそんな感じです。


by with no comments yet.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です