マニュアル本では就活生支援は難しい

一次審査の書類選考では通るものの、どうしても面接になると落とされるという話はよく聞きますが、面接になるとどうしてもうまくいかない人というのは、多かれ少なかれ問題があります。次にお話することを理解しておけば面接での選考でかなり受かりやすくなります。面接官は何百人もの応募者の中から選考しないといけないのはご存知だと思いますが、その何百の応募者はほとんど同じ受け答えしかできていないという事を感じるのです。面接官も人ですから同じ答えを聞くと飽きてきますし、その人個人の意見を聞きたくて質問したのにもかかわらず教科書通りの返答が来た時、あなたが面接官だったらどう思いますか?その人に全く良い印象を受けないと思わないでしょうか?つまり、個人的な質門をしたのに一般論で答えられたようなものなのです。これでは就活は上手くいかないのは当然です。まずは就活支援をしている教科書と言えるマニュアル本を捨てることから初めると良いです。

アルバイト経験も就活では面接で支援してくれる

企業が今欲しがっている人材というのは、1から10まで全て教えなくても1教えれば最低でも3を身につけてくれる、もしくは身につけようとする向上心を持った人と言えます。なぜなら新人教育というのは大変経費がかかるもので、担当にする先輩社員の仕事を奪っているという状況なのです。ですので面接官はその人が向上心があるのかという点を調べようとします。一昔前であればサークル活動、在学中の資格取得だけで判断していたのです。それではそれを全くやっていない人はかなり不利と言えるのでしょうか?答えはNOです。例えばアルバイトをしていたとします。アルバイトで学んだことが、自分がどうすればオペレーションがうまくいくのか、会社に利益をもたらすにはどうしたら良いのか、先輩から支援してもらったことで自分の考え方が変わった等アルバイトでの経験でも良く、社会を通してそれを実体験している人も就活には大切なことなのです。

就活の支援は結構早くから始まる

就活の支援というのは結構早くから始まったりします。三回生から就職についてはすごく考えていかないといけないですね。インターンシップ制度というのもあるので、活用してみるのもいいです。学校も結構この支援というのをやってくれます。事務局というところに、足しげく通っているほうが色々と情報というのがあっていいとは思います。ほかにも自治体がやってる大きな就職活動セミナーというのもあるので、積極的に参加していくと、その後の就職活動にもつながっていくとは思います。自分一人でするには、今の時代はかなり難しい就職状況となっています。なので、こういった機会というのはよく利用しておくほうがいいとは思います。何か縁というのもあるので、そこから又新しい企業へのアプローチの仕方というのもあったりします。面接での対応というのも教えてもらえます。

No comments yet

leave a comment

*

*

*

*