新卒を採用する理由

アメリカでは新卒採用制度と言うものが基本的に無い中、なぜ、日本は新卒を採用するのでしょうか。

その理由は、一体何なのでしょうか。

大学を3月に卒業したら4月には会社に入って働く。

という流れが日本の一般的な学生から社会人になる流れです。

その流れが定着しているのが大きな理由の一つでもあるのですが、新卒を採用するにあたり、年齢やスキル、社会経験がほぼ同じレベルを同じ時期に入社させる事が出来ます。

採用や研修が同レベルで一気にできることでコストダウンにも繋がると言う事です。

 

また、途中でリーダーシップを発揮出来る人材や、即戦力のある人材を入れるのは、簡単ではないだろう。

しかし、有能な新卒を採用して成長させて行った方が確実だと言えます。

因みに、中途採用は、新卒採用と違い「キャリア採用」と呼ばれるくらい即戦力が問われます。

転職してきた人に当てはまり、このご時世、そう簡単に中途採用で入社するのはかなり難しいとされています。

少し話がそれてしまいましたね。話を戻しましょう。

新卒を採用するのには、まだまだ理由があります。

新卒を採用するに当たり社内にフレッシュな空気を流すと言う事。

新卒を指導して行く中で上司の成長や気付きもみられ、会社全体の成長にも繋がると言う事です。

そして、縦社会の中に横糸を通す様に横のつながりといった同期の連携も取れる訳です。

新卒は、何にも染まっていないので社風やその会社のカラーになじみやすいとされています。

近年は、中堅層と社内の若者の会社への認識に多少のズレを感じる事が多いみたいなので、新卒者をある一定の人数いれる事により、緩和される事を狙っているそうです。

 

そして、最後に会社のPR活動に繋がると言う事。

就職説明会やメディアへの露出を新卒採用の機会に多く増やすとやはり、会社の宣伝にもなります。

たとえ、全員が面接に来なくても、会社の名前を多いに露出させる事が出来ます。

こうした、宣伝活動も大事なのですね。

こうした事を含めて新卒採用する(メリットは会社に大きくあるだろう。

しかし、新卒採用とは、「先行投資」みたいなものだと言えます。

最初は、全く戦力になりません。

そして、指導する側の人件費もかかります。

お金をかけて研修したとしても、すぐに辞めてしまうかもしれません。

辞めなかったとしても、なかなか戦力にならないかもしれません。

そういったリスクも負わなければなりません。

しかし、ここから有能な人材を見出すのは会社の仕事だと言えるでしょう。

 

No comments yet

leave a comment

*

*

*

*